ブログ、ナマケモノ。

2015/07/29

こんばんは。

ドラムの小杉です。

文章がまとまらないけど、
今回はかきたいことをかくよ。

最近ハグレヤギはライブをお休みして曲をつくっています。
曲作りでスタジオに篭るのも楽しいけど
やっぱりライブがしたいな
ライブハウスでみんなに会いたいです。

ライブハウスって思えば不思議な場所。
私はライブハウスが大嫌いでした。


ハグレヤギに入るまでライブを観に行ったのなんて片手で数えるくらいしかなかったし、
1人でライブハウスに行ったことなんてなかった。

「ライブハウスでみんなに会いたい」

なんて言葉が自分の口から出るなんて思ってもいなかったです。

暗くてこわくて、
酔っ払いがたくさんいて。

なんであんな狭いところで人がぎゅうぎゅうになって汗かいて音楽を聴かなきゃいけないんだって思っていました。

ただ音楽を聴くのは人並みに好きだったから、家で大きな音でCD鳴らして、大好きなバンドのDVD流して1人で歌って踊ってた。

自分がライブに出るようになってから、少しずつみに来てくれるお客さん、友達のバンドマン、好きなバンドが増えていって、ライブハウスの人とも仲良くなっていって、いつの間にか楽しくて好きな場所になってた。1人じゃなくてみんなでライブを楽しんでた。(つもりになってた。)

最初は嫌いな場所だったのにいつの間にか自分の居場所になってた

でも今思うと、その分私はその居場所に変な形でハマってきてしまっていて、純粋にライブを楽しめなくなってきてた。ライブを楽しむって気持ちよりこうしなきゃ、こうした方がいい。みたいなのがステージで先行してきてた。
付き合いでライブを観に行くことも沢山あったし、ライブを好き嫌いじゃなくて「良い悪い」で観るようになってきてた。
その頃からかな、好きなバンドが出来にくくなってきてた。家で1人でCD大きい音でかけて歌って踊ることもしなくなったなあ。

いつか本当に大好きなバンドを観たときみたいな。世界が変わって、笑顔も涙も自然とでるような。
ライブが終わって「あーたのしかったねー!」ってメンバー間で言い合えるような。なんか忘れたくないそんな感じ。

今日もスタジオにこもって曲をつくって、家に帰って好きな音楽聞きながらちょっとだけ鼻歌を歌ってみたよ。なんか、ああこういうのだよなって思った。

今つくってる新曲たちをライブでやるときはきっとずっと楽しいライブが出来るよ。なんか自信ある。
だからまたライブハウスでみんなに会いたいです。

それだけ!
お風呂入ってアイス食べよっと!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回のブログ更新は8月5日(水) 担当は山脇紘資です!


・ハグレヤギLINE@アカウント

http://line.me/ti/p/@hagureyagi

フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします

・iTunesにて過去音源配信!

https://itun.es/jp/_Jzqy

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ



2015/07/22

夏ですね

どうもこんばんは。タクです。



汗ダクです!


東京も既に35度を超える真夏日を記録しているみたい。


夏だ!

海だ!

山だー!


なんて休日アウトドア宣言している元気な人も周りにチラホラいるのだけどね

わたしゃ遠慮したい

この暑さは異常だよ。。

このさいね、服なんか着なくていいかなってなっちゃうよ。

上裸で生活したらいいよ。みんなそうしよう。

そのほうがたぶん、ラブが溢れてピースになるよ。

うん。


…うん。


でも、そうだな、プールなら行きたい。

ただし屋内プールな。

何を隠そう!わたくし小さい頃にスイミングスクールへ通っていたので、泳ぎは得意なほうなのですね!もうひたすら平泳ぎで泳ぎ続けていたい。

プカプカ浮いていたい。


そんな4コマ漫画を書きました。


  


まあそんな感じです。



ハグレヤギは地下活動が続いております。

新曲をたくさん用意して皆様にお届けするので、待っていてくだされ。


そうそう、今週末はフジロックへ出かけるから、次回はフジレポートになるかな。

お楽しみに。


チャオ


------------------

次回ブログ更新は 7月29日(水)担当は小杉侑以です!

・ハグレヤギ公式LINEアカウント
@hagureyagi
※フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします。

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ


2015/07/15

おいしいものを食べ隊

おいしいものを食べ隊というグループを組んでみようかなと思いました。しかし、やめた。


ハグレヤギは

いまライブお休みですが、途端に なぜか個人的なライブそこそこ多い。


ハグレヤギは

スタジオワークに集中しております。楽しいです。頑張る。



こないだ、夏の風物詩・映画”耳をすませば”改めて観ました。歳をとればとるほどに、心が締め付けられますわい。


いや、モテないはずないでしょう中学生でバイオリン職人ってさ。(しかもイケメン、読書家、皮肉がウマイ)



ただ、夏から始まるこの話は、夏から始まるからこんなおセンチになるんじゃないかなとも思いました。

お父さんのお弁当届けにいくときの、あの開放感ったら ないですわ。

ああ、思い出したらまた観たくなってきたのでやめます。

こないだ友達から聞いたのですが、

僕の大好きなロックンロールヒーロー、真島昌利さんは

“夏以外の季節は物語になんないもん”

との言葉を残したことがあるそうな。

完全に同意ですね、俺の言葉としたいくらいに!



セミと風鈴のセッションをBGMにすれば、なんとでもなれるね。まじで。


海のちかくに住んだことないけれど、さざ波というサポートメンバーも入ったらさぞ最高なんだろね。

短い夏は終わっただよ、とも歌われる通り夏は短い本当に!

このブログをしたためてるいまは夜、しかしとても暑い!夏!


今年の夏も楽しいといいなとおもってます。(はしゃぎすぎてる夏の子供)


この記事が皆の目に触れる頃には、全くに梅雨もどっかいって、そこは既に夏だ と思います。

あー、とても嬉しい!



そんな夏を、バンドの話にも少し絡めるならば

小学生の頃から、夏が終われば、ひとはみな成長するのだと身をもって体感していますので、待っててねみなさん。

いいもん作ってます。




ということで、この夏を迎えるにあたって、最近影響参考教示されているもの思い出しながら、寝やす。


なかなか思いつかず、記事めっちゃ短いから文字数稼ぎに、というのはここだけの話。


そのなかのもっとも直接的に僕の発信に携わっている、であろう”ギター弾き”というくくりで10ほど挙げてみようかと思います。



Graham Coxon

Nels Cline

Johnny Marr

J Mascis

John Squire

Andy Bell

Joshua Third

Eddie Hazel

鈴木茂

北田昌宏


なんか楽しいから好きなおやつも3ほど。


舟和の芋羊羮

TOPSのチョコレートケーキ

ヤマザキのシベリアデラックス



グレアムの黄色のボーダーTシャツ欲しいな。


アア、きょうもビールがうまい。

おやすみ、また来月。

------------------

次回ブログ更新は 7月22日(水)担当は飯塚拓野です!

・ハグレヤギ公式LINEアカウント
@hagureyagi
※フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします。

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ


2015/07/08

競泳水着大好き前編〜第2の皮膚の魅力〜


おっす
山脇です。

突然ですが私は競泳水着が好きです。
三度の飯よりも競泳水着が好きなんです。
着用の趣味はありませんし競泳の目的でもありません。
そう、もちろんエッチな目的です。
その存在がたまらないのです

変態!と思ったでしょうか?
そしたら変態!と思ったあなたの価値観がおかしい
まずネットで「競泳水着」と検索してみましょう。


  


ごらんなさい。
画像検索のトップ画がこれです。
どこにアスリートがいますでしょうか?
人っ子一人いやしない。
いるのは競泳水着をえっちに着こなしたふくよかな女達ばかり。
この子に至っては切り裂いちゃってますから。


  


ただしパンスト同様(僕はパンストフェチでもあります)切り裂いちゃうやつは真の競泳水着好きとは言えませんね。
玄人は脱がすべからず、ズラすべからず、切り裂くべからずなのです(ズラすべからずは目的により例外もありますが)。

競泳水着やパンストの魅力とは何か?
それはずばり”第2の皮膚”という所であります。
例えば競泳水着を着用した対象(ここではより学術的に論じる為、女の子の事をそう呼ばせて頂きます)のおしりを撫で回すとします。
その際実際には生身の肌には触れていないにもかかわらず、”生身の肌以上の存在感”をお尻を包み込むその水着に見出しています。
綾波レイのプラグスーツも同じです。


  


彼女の尋常なまで細い身体はプラグスーツという第2の皮膚を纏うことによって初めて完成されるのです。
ほぼ裸や制服の綾波レイもありますがあれは未完成の身体を携えた綾波レイに他なりません。
この第2の皮膚とは裸体以上に対象の身体の構造や魅力を克明に描写してくれます。
裸体以上に身体を意識してしまうのです。
また、身体の一部を隠すことでアウトラインを強調させ、観賞者の想像力と集中力を掻き立てるのです。
脱がしたりズラしたり破いたりではせっかくの”美しい皮膚”が台無しですよね。
ですから私は水着は脱がすべからず、ズラすべからず、切り裂くべからず(毎回切り裂いていたらお金がかかってしょうがない)を遵守します。
その結果対象の身体の魅力を裸体以上に、存分に味わう事に成功しています。
またその成功は対象のスケベ心に火を付ける事にも成功しています

私の勝手な計画ではこの持論により説得力を持たせる為、ハグレヤギが活休の間にドラムス小杉の衣装はハイレグの競泳水着に移行させようと考えております(私自身は彼女の身体には一切興味がありません)。
お客さんと共有する事はロックバンドの宿命ですからね。

次回は競泳水着の種類に迫っていきたいと思います。
お楽しみに。

------------------

次回ブログ更新は 7月15日(水)担当は狩野省吾です!

・ハグレヤギ公式LINEアカウント
@hagureyagi
※フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします。

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ


2015/07/01

こんばんは。ドラムの小杉です。


6月26日はハグレヤギ主催の“透けてしまえ!”に遊びにきてくれた皆さん本当にありがとうございました!

出演してくれCHECHE、CURTISS、The next! Liddell 1974みんなかっこよかった〜!


  


みんな透けましたか!透けましたね!


この日配布した透明人間という曲、自分で言うのもあれですが、とってもいい曲が出来ました。ジャケットは山脇氏が描いたよ。いい感じ!


  


透けるって不思議なことで、実際私自身も透明になることってたまにある気がする。

そこに馴染むわけでもないけどここにいないような。そんな感覚。私は干してあるお洗濯みてぼーっとしてるときになるかなあ。

みんなはどんなときに透ける?


  


この前の企画ライブでハグレヤギはしばらくライブ活動はお休み。

メンバー皆ライブ大好きだけどじっくり集中して曲つくりしたいねって話し合ってのことでした。

少し寂しいけどひとつ、ふたつ成長して戻ってくるから待っててね。新曲もたくさんつくってるよ!はやくみんなに聴いてもらいたいです。


メンバーがお絵かきしてくれなくなったから透けてしまう4コマかいたよ。なんのこっちゃ

  


そういえばこの前のライブで、お客さんが帰るときに「またね」って言ってくれたのがすごく嬉しかったな。

  


みんなまたライブハウスで会おうね。

------------------

次回ブログ更新は 7月8日(水)担当は山脇紘資です!

・ハグレヤギ公式LINEアカウント
@hagureyagi
※フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします。

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ