ブログ、ナマケモノ。

2015/09/02

おっす

山脇です。

今日は運についてのお話。

少し前に友人とある写真家のイベントが開催されてるファッションブランドのショップに足を運んだ。

ニューロマンティクが花開く直前のパンクスのボーイジョージの貴重な写真などが飾ってとてもかっこ良かった。

  

イベントも後半に差し掛かって、今からいきなりじゃんけん大会を行いますとそこのショップのオーナーが言い出した。

学生のイベントではないし、有名な写真家のイベントで一体なんだろうと思っていると、男女二手に別れじゃんけんをし、それぞれの勝者がそのブランドの服をコーディネートしてもらえ、それをそのまま頂けるという粋な計らいだ。


ビールを片手にやったると意気込んで挑んだ僕は初戦で速攻敗退。

友人は二回戦、三回戦と勝ち進んだが、「7,80人もいるからどうせ負けるだろう」と思って様子を伺っていたらなんと最後の3人に残った。

え?まじで?と思った直後には友人は見事勝者になっていた。


早速コーディネートされた男女のカップルが壇上に上がった。

一人は最近映画監督デビューも果たした映像クリエーター。

友人は写真家を目指しながら俳優もやっている。


そこから話はトントンと進んだ。

友人はその映画監督の作品の出演が決まり、イベントの主役である写真家の作品にも(映画を近いうちに撮られるらしい。)出演が決まった。

そしてその写真家の作品の被写体にもなった。

おまけに某有名カメラ雑誌の編集者がたまたま同席していて友人の作品を気に入り、今度作品を持って社に行くと言う。


たまたま行ったイベントに写真家、編集者、映画監督が揃っていて、かつ彼ら全員を”じゃんけん”をきっかけにし、あっという間にものにしてしまったのであります。


一言でいうと友人はツキまくっていた、凄まじい運があったのです。

ここ一番という時に、ここ一番の運が訪れたわけです。

友人も僕もまぁ本当に驚きました。


運を運という形なき物、いわば幸運をもたらしてくれる奇跡のような物だと思っていた僕は友人のその姿を見て、何かそれだけではない運が訪れる”宿命”みたいなものを感じた。


運がなければどんな努力もどんな才能も全ては水の泡と化し、なんの痕跡すら残らず消えていきます。

運は幸運のレールへと人や物事を手繰り寄せ、それをスムーズに運んでくれる機関車の様です。

ただし重要なのはそこではない。

友人はこの日を知らずして、この日の為に大変な努力をしてクリエイティブと日々向き合ってきたという事実、そして当たり前の様なフットワークの軽さ。

シンプルですがそこにものすごく意味がある。



バスキアがウォーホールとカフェでたまたま出逢った日、ウォーホールはバスキアに惚れこんだ。

バスキアは膨大な作品を纏めたポートフォリオを持参していて、その魅力的な作品と人物像でウォーホールをものにした。

しかし、バスキアはその日に限らず常にポートフォリオを持ち歩いていた。

バスキアがカフェに足を運ばなかったら、ポートフォリオを持ち歩いていなかったら、いかにウォーホールと出逢うという幸運に恵まれてもそれは成就しなかっただろう。


一瞬たりとも自身のアンテナと魅力を緩める事なくピンと張り巡らし、義務ではなく楽しみながら色々な場に足を運ぶ。


運とは待つものでも、願うものでもない。

自分と共に強く信じるものなのだ。

ぬるくなったビールを片手に友人を眺めながらそれを飲み干し、今度は僕の番だと心に決めたそんな素敵な夜でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回のブログ更新は9月2日(水) 担当は山脇紘資です!

ハグレヤギLINE@アカウント

※フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします。

・iTunesにて過去音源配信!

・Twitter

・Inastagram

・Facebook


2015/08/26

 

 

 

こんばんは

お風呂あがりは幻のハグレヤギTシャツ!のドラム小杉です。
 
 
これ、メンバー手刷で限定50枚しかつくらなかったんだよね。
イラストは山脇氏が描いたネコの「おたまさん」
シュール!
 
 
 
ハグレヤギがライブ活動おやすみして
なんと2ヶ月!はやいね!
 
 
 
 
 
毎日曲つくったり、
シェアアトリエで作業したり、
改めてじっくり自分達を見直す時間が出来て
マイペースだけど着々と前に進んでるよ。
個人的にはライブしたくてうずうず〜です。
 
 
 
 
 
うずうずしたり、わー!ってなるときみんなは何をする?
 
 
 
 
 
 
私は好きな音楽聞いて、絵を描くかなあ。
 
 
 
 
 
 

なので、私が描いた絵をつらつらのせてみます。

好きな音楽ききながらかいたから、そのアーティストっぽい絵になってるかなあ。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

メジャー、インディー、邦洋問わずジャンルばらばら!

 
どんどんいくよー!

 

 
Vampire weekend

 

 

スピッツ

 

 

Yo La Tengo

 

 

  
 
ROTH BART BARON

 

 

 

 
  
 
たま
 
 

 

 

  
 
Wilco
 

 

 

 
  
 
the 1975
 
 

 

 

  
 
St.Vincent
 
 

 

 

  
 
HINTO
 

 

 

 
 
 
柴田聡子
 

 

 


佐藤嘉風
 

 

 

しゃしゃしゃーって描くから一枚すぐ出来上がるんだけど
なんか自分達の曲じゃ絵描けないの、不思議。
そんなもんだよねえ。
 
 
 
 
 

今日はおしまい!

最後まで読んでくれてありがとう。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のブログ更新は9月2日(水) 担当は山脇紘資です!
 
 

ハグレヤギLINE@アカウント

※フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします。

・iTunesにて過去音源配信!

・Twitter

・Inastagram

・Facebook


2015/08/20

フジってきたよ

どうもどうも、タクです


今回は、前回の最後に言っていたように


FRF’15 のレポート的なのをお送りするぞ!


さて!

2年ぶり、2度目のフジロック!

今回はわたくしのもうひとつのバンド

BOMBORIがルーキーで出演することになり

3日間での参戦となりまして

テントまで取りまして

真っ向勝負に出たわけです。


しかしそこは苗場さん

なかなか一筋縄ではいかない、苦難の数々が待ち構えておりました。



初日

機材を乗せた車で東京を立つと、3時間程度で苗場につきます。

案外近い。


まずはテントを設置。


しかし、、


テントサイトは既に数え切れない程にテントがズラリ。

  


これは…舐めてた。


風通しの良い木陰はおろか

平面すら空きがなく、

しばらく歩いて探した後

少し開けた斜面へ落ち着く事に。


難なくテントを張り終えて

恐る恐る寝心地を確認…


案外…いける?



3日間終わってみても、少しの斜面もわりと寝れるという結果に至りました。



ということで寝床は確保。

気付けば昼下がり、空腹である。


早速、ゲートへ向かう。


入場ゲートは毎年違うデザイン。


今年はこんな感じ

  

既にヘトヘトのわたくし

  


フードコートには食べ物屋台がズラリ。

多種多様、多国籍。

みんな美味しそうで、結構迷う。


ヘトヘトのはらぐうぐうだったので

とりあえずカレーと肉を食いました。

(食うことに夢中で写真なし)


腹ごなしの後、アルコールをいれつつぐだぐだしていたら

motorheadが始まった!!


だだっぴろい開けた大地

それを埋め尽くす人、人、人。

その目の先には

motorhead!!


  

  

爆音で迎え入れてくれた御三方

感無量でした



この日はもう満足なのと疲れ果てて寝た。

(motorheadのタオルは手に入れた)



2日目は地獄ではじまった。。


目が覚めると

テントの中は灼熱の蒸し風呂状態。

汗がふつふつ沸いて

だらだらと身体を流れていく


たまらず外に出ると


心地よい風 清々しい朝である。


この差は何なのか。


テントの質が悪いのか?

はたまた向きか?


原因は結局分からない。



とりあえずすぐにひとっぷろ浴びに

「苗場温泉」へ。

ここは苗場プリンスに併設された入浴施設で、500円で利用できるのである。

非常に助かる。

が、朝から行列で、この時は50分待った。

でも露天風呂もあってなんだかんだ気持よく使えました。


さてこの日は肝心なステージ本番ということもあり割と控えめに過ごしておりました。

割愛。



BOMBORIのステージについては

こちらでレポートが上がってるのでチェックしてくれや。

  



そそくさと最終日!


あっと言う間なもんです。


この日も地獄のスタートからの風呂。

でも温泉は空いてた。


風呂上がり、早速ビールを飲む

朝っぱらから、最高の気分である。


テントサイト内の売店で買った、とっても美味しいハンバーグを食べながら、すれ違った沢尻エリカを横目にレッドマーキーへ向かうと

ゲスの極み乙女が出ていてちょうど川谷くんがソロでギターを掻き鳴らしている所だった。

超満員のレッドマーキー、楽しそうだったなあ。


レッドマーキーでやりたいわ。


いやいや、グリーンでも。


夢は広がる。


  

トンボと仲良くなりました




昼下がり、大橋トリオを見てからグリーンへ向かう道は物凄い人。

  

これから始まるのは椎名林檎。


やはり凄い人気である。

カリスマとか言うアレか?


前にRSRで始めて見た時はしっとりと歌っていたけれど

今回はポップにエッチにブリブリ歌っていたようでしたよ

すげえなあ。



まあなんやかんやあって

最後はノエルギャラガーで〆ましてセンキュー!フジロック!

という感じでした。

  


あんな辺鄙な土地に

あれだけの人が集まって

爆音で踊ってる

凄いエネルギーを感じるよ

日本も捨てたもんじゃないね



あそこのステージに立ってる人間たちは

確実に、見る人に夢を与えてる

そういうステージにする気でそこに立ってる

全てにそう感じたんだよな

だからその端くれとしてでもステージに立てた事は

また一つ、何か登れたような、手にしたような

そんな感覚がある


満足してる訳じゃない。

まだまだこれからなんだよねー。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のブログ更新は8月26日(水) 担当は小杉侑以です!


・ハグレヤギLINE@アカウント

http://line.me/ti/p/@hagureyagi

フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします

・iTunesにて過去音源配信!

https://itun.es/jp/_Jzqy

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ


2015/08/12

シャカとロック

左右入れ換えればすむ話とそうじゃないものが、あるんですねえ。


この夏どこも行ってない焦りを持っています。




去年はフジ全日連れてってもらって、サマソニ二日とも行かせてもらって、江の島行って

はたまた富士スピードウェイにも行ったというのに、今夏は家で大きい音で音楽かけてでかい音でギター弾いているくらいですわ。(そしてたまに友達と、お酒を飲む)


ただ、ギターマンとしてはそれが正しいんだよなー。


血的にも およそシティボーイなので、お盆はとくにどこ行くでもなしです。


毎日の楽しみは、夏の晩どんな盤聴くかってことです。(デイヴ・フリッドマンが手掛けた作品たちや、もちろんの真島昌利さんの作った作品などなど)




書くことないから色々物申したい気分だけど特にないっす。


せいぜい、こないだ所謂オシャレといわれるスポットにいたりする男たちはなんでみんな同じかっこしてんだろう気持ちわりーな と悶々としてたら


10年くらい前街行く女性の大多数が”エビちゃん”みたいに白いワンピースにGジャン羽織ってました。

流行りはいつか廃れるのだなあと、しみじみ痛感しました。


廃れないものを作るために僕たち頑張ってますので表舞台立ったら何とぞ色々末長くよろしくお願いします。






なんか記事にボリウムないので



Twitter

Instagramにも載せたけど


ギターという名の伴侶の画像でも載せておきます。






  


軽くていいんです。音もハイファイなのにいなたいです。要するに最高!

配線もコンデンサもピックアップも好みに全部替えてあります。

カレーに例えるならビンダルーっすかね。

ボディーの裏には、The Brian Jonestown Massareのステッカーが貼ってあります。ゼマティスがロニーってことで裏にはブライアン、俺はキースリチャーズが好きだからそういうことです。




  


人前では二、三回しか使ってないかも。

枯れているけどみずみずしいってな音が最高なんすわー。なんか暦に例えると10月みたいな音がします。(ピックアップと配線交換済)



なんかまだ足りねえな!


ほいじゃ8/9現在の、夏の晩に合う盤たちをさらりと10枚書いてまた来月ってな感じで。(あくまで合うかどうかってセレクト考えてたら、絶対的名盤や編集盤案外ありそうなんで先謝っときます)


またねー



Wilco – Sky Blue Sky

Primal Scream – Echo Dek

The Flaming Lips – The Soft Bulletin

Jim O’Rourke – Eureka

Jonathan Richman & The Modern Lovers – Jonathan Sings!

Wild Nothing – Nocturne

Mercury Rev -Disaster’s Songs

Eels – Daisies Of The Galaxy

THE BLUE HEARTS – DUG OUT

Fishmans – Aloha Polydor

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のブログ更新は8月19日(水) 担当は飯塚拓野です!


・ハグレヤギLINE@アカウント

http://line.me/ti/p/@hagureyagi

フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします

・iTunesにて過去音源配信!

https://itun.es/jp/_Jzqy

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ



2015/08/05

おっす

この真夏に絵画の制作三昧の日々で、アトリエ内は常に40度と死にそうです。

夏休みが終わる頃までにはあともう2枚書く予定なのです。

もう嫌です。

市民プール行きたいです。


  


とりあえず、頭も身体もイカれる寸前の時はなんといっても美味しいものを食べる事でしょう

なのでiPhoneのメモにあった適当なコメント付きカフェAND飯屋のメモを貼っときます

つぶれたりハズレもあるかもしれませんが中にはこの値段でこれか!という店が書いてあります。

特に、ルリオン、海月、六兼、アヒルストアはオススメですよ

では私は制作に戻ります。

皆様良い夏を〜



カフェ蔦 表参道 しぶい


アナログカフェ恵比寿 まあまあ


ル カフェ マミィ 目黒 う〜ん


アストラルランプ 渋谷隠れ家カフェ 


ファイブスターカフェ 中目黒 タイ!うまい!


海月 恵比寿 ジンギスカン めちゃうまい!!


ルリオン 恵比寿 田舎フレンチ 本当に本当に美味しい。デザートのババオラムが最高すぎる


アティックルーム 隠れ家カフェ 渋谷


カフェリオン 代官山 緑多い


オゥカフェ 代官山 テラス席 う〜ん


カフェミケランジェロ 代官山 デカイ まずい


ママタルト 代官山 タルト!、タルト!


ヌフカフェ 恵比寿 飯うまそう


トーチカフェ 恵比寿 ライトが良い


ろじぇカフェ 恵比寿 いつもいってる、いつも行きたくなるから

落ちつくんだ


ハコカフェ 恵比寿 アンティークタミぜみたいな内装


ライオンのいるサーカス恵比寿 カフェ 雰囲気良し、落ちつく

🌾ただし18時から500円のテーブルチャージがかかる


ルビストロ 恵比寿 フレンチ 行ったことないけど気になる


ブラボーチキン 目黒 定食 近所だ


六兼 目黒 昼飯うまし!全て1000円だけど味噌汁〜メインに至るまで手抜きなし。最高


ユイット 中目黒 フレンチ食堂 


リーの厨房 目黒 フレンチ


笹屋 目黒 焼き鳥 行ってみたい


beard 目黒 隠れ家的、ちょいおしゃれ 気どってる感じが少しするけど2000円近いハンバーガーうまかった 


sifflet 目黒 コアな場所にある


アヒルストア 渋谷  名店!!


ブラッカウズ 恵比寿 ハンバーガー 

パテうまし!


今度行ってみたい


いしぐろ 焼肉 恵比寿


恵比寿堂 オープン居酒屋


verita 恵比寿 隠れ家フレンチ


パラドール 恵比寿 スペイン系

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のブログ更新は8月12日(水) 担当は狩野省吾です!


・ハグレヤギLINE@アカウント

http://line.me/ti/p/@hagureyagi

フレンド登録いただくとハグレヤギの最新情報をお届けいたします

・iTunesにて過去音源配信!

https://itun.es/jp/_Jzqy

・Twitter
@hagureyagi

・Inastagram
@hagureyagi

・Facebook
ハグレヤギ